Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パチンコで作ってしまった借金を債務整理で解決する方法とは?1000万以上負けてお金に苦労したサイト管理人が解説!

4月 27, 2019

スポンサーリンク

サラ金やカードローン、銀行のフリーローンなど、ギャンブルで使うとしてもお金お借りることができますが、絶対にお金を借りてまでギャンブルをしてはいけません。

 

でも、借金しちゃったもんはしょうがないですよね。

 

借金をしてまでパチンコやスロットをやるということまず間違いなくパチンコやスロット依存症です。

 

この記事では、過去にパチンコでトータル1000万以上負け、お金に苦労したサイト管理人が「パチンコで作った借金の債務整理」について、解説していきます。

 

パチンコで作ってしまった借金を債務整理で解決しよう

依存症に悩みながら借金があるなんて人生辛すぎますよ。

 

まず、どちらかをなんとか解決しましょう。

 

もちろんどちらも同時に解決できればいいですが、パチンコやスロットの依存症は本当に怖いです。

 

まず1つを解決してあなたの気持ちを楽にしてあげて下さい。

 

パチンコで作ってしまった借金を債務整理で解決して早く楽になってくれればと思い記事にしました。無駄なストレスは、早く無くして下さい!

 

債務整理とは?

債務整理とよく聞いますが、債務整理とはなんなんでしょうか?

 

現在、個人の方が行える主な借金の整理手段は、自己破産・任意整理・特定調停・個人再生・過払い金請求の5つ手段があります。

 

ギャンブルでの借金はどうなんでしょうか?

 

管理人
管理人
基本的には弁護士に任せないと難しい分野なので簡単に解説しますね。

自己破産

自己破産とは、裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可」というものをもらうことで(税金などの非免責債権を除く)たとえ何千万、何億と借金があっても、裁判所に自己破産さえ認められれば、返済する必要がなくなります

 

しかし、パチンコなどのギャンブルや浪費が理由だと自己破産ができないとされています。(自己破産が認められない理由を不許可事由と言います)

 

パチンコやギャンブルでも例外的に、「裁量免責」という制度が設けられていて、自己破産が可能になる場合もあります。

 

自己破産は、多重債務者を救済し更生させるために作られた制度ですので、誠実な対応で手続きする人に対しては、たとえパチンコやギャンブルで借金を作ったとしても、よほどのことがない限り自己破産が認められます。

 

しかし、借金は無くなりますがデメリットもあります。

 

信用情報(ブラックリスト)にのりローンを組むことや借金の保証人になるこなどできなくなり、クレジットカードが利用できず就ける職業に制限がかかります。

 

持ち家などの財産も没収され、99万円以内の自由財産のみしか認められません。

 

ブラックリストは5年から10年は消えなく、ローンやクレジットカードなどは利用できません。

 

任意整理

任意整理には、不許可事由がなく借金の事情などは問題になりませんので、双方が合意する条件であれば、ギャンブルなどの借金でも可能です。

 

裁判所を通さず金融機関と直接やりとりし、費用もあまりかからないので一番人気があります。

 

3年を目安に、利息を無くし毎月返済できる金額に借金を減らして返済していきます。

 

住宅ローンや車のローンが残ってる場合は、任意整理では、没収されてしまいますが、財産を任意整理対象から外せば強制的に財産が処分されることはありません。

 

しかし、任意整理は自己破産と同じで、信用情報(ブラックリスト)にのりローンを組むことや借金の保証人、クレジットカードなどは、5年から10年利用できなくなります。

 

特定調停

特定調停は、手続きは複雑ですが、自分の力だけで手続きをすることができる債務整理です。

 

裁判所の調停委員が間に入り、返済の問題を仲介して、今後の支払いを減額したり分割にしたり話し合います。

 

借金の事情などは問題になりませんので、パチンコやギャンブルでの借金でも特定調停は可能です。

 

特定調停の裁判所出頭は、平日のみで複雑な書類作成は弁護士を通さない限り自分自身でおこなわなければいけません。

 

また、特定調停の場合は申立が完了するまで止めることができませんので、手続きが遅れれば、その間は債権者からの取り立てが続きます。

 

裁判所での話し合いの結果、借金の額が減らない可能性もあるので、そういった可能性も注意しなければいけません。

 

特定調停も信用情報(ブラックリスト)にのりローンを組むことや借金の保証人、クレジットカードなどは、5年から10年利用できなくなります。

 

個人再生

個人再生は住宅ローン以外の借金を減額する制度です。

 

借金の事情などは問題になりませんので、パチンコやギャンブルなどの借金でも可能でが、債務整理の中でも手続きが最も複雑です。

 

個人再生の借金の減額には2種類の設定があり、500万円以内の借金の場合は100万円に減額、500万円以上の借金の場合は借金総額の5分の1に減額になります(住宅ローン以外)

 

個人再生の場合は借金総額の5分の1もしくは100万円までの資産の所有を認められています。

 

しかし、個人再生も信用情報(ブラックリスト)にのりローンを組むことや借金の保証人、クレジットカードなどは、5年から10年利用できなくなります。

 

過払い金請求

過払い金請求とは、カードローンやキャッシングなどで、最後に取引した日から10年以内であれば、貸金業者に多く支払った過払い金が戻ってくることです。

 

返済中の過払い請求は、信用情報(ブラックリスト)にのってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

自分で過払い請求もできますが、手間と時間がかかってしまい、弁護士を介してと違い返還額が少なくなってしまう可能性があります。

 

弁護士に相談するメリット

債務整理は自分でもできますが、借金を抱えている悩み以外に債務整理することで右も左も分からず不安でストレスをさらに抱えてしまいます。

 

やはりその道のプロ、弁護士に相談することをお勧めします。

 

では、弁護士に任意整理を依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

管理人
管理人
債務整理の手続きは自分でやることもできるが交渉はプロに任せるべき。

督促がなくなる

弁護士に債務整理を依頼すると、債権者からの厳しい取り立てが止まります

 

これは、弁護士から介入通知を債権者に送ったからで、債権者は債務者に対する一切の直接の請求を禁止されてるからです。

 

これで、督促の停止ができ電話や債権者直接来ることを防ぐことができます。

これで家族や近所に知られることがなくなりますね。

 

労力と時間がかからない

債務整理で、借金を減額するためには、債権者に取引履歴の開示請求をしたり、利息制限法に基づく引き直し計算といった素人には難しいことをしなければいけません。

 

自分で調べておこなうことも可能ですが、かなりの労力と時間がかかってしまい、仕事や家事の合間なら尚更大変です。

 

弁護士に依頼すれば、肉体面や精神面、時間などの負担が消え債務整理を迅速におこなえます。

 

借金を減らせる

債務整理は、手続きの中で交渉が必要で、交渉次第では最終的な借金の減額が変わってきます

 

債務者本人が債権者や裁判所と交渉する場合、法律や債務整理の知識がないと、不利な交渉内容になってしまいがちです。

 

弁護士に依頼すれば、利息を無くす交渉や過払金請求、借金を減額することが可能。

もちろん自己破産手続きにおいては借金は無くなります。

 

素人でも手間と時間を使えば手続きは可能ですが、交渉は交渉の専門家に依頼することが1番です。

 

司法書士より弁護士な訳

司法書士は、弁護士より費用が安いメリットがありますが、債務額や交渉の状況によっては、司法書士に債務整理を依頼できないケースもあります。

 

弁護士には金額の制限がないのに対し、司法書士は訴訟の価格が140万円を超えた場合、代理権が認められていません。

 

また、司法書士の訴訟代理権は簡易裁判所に限られています。

 

そのため簡易裁判所で決着がつかなく、控訴されて裁判所が変わった場合は、司法書士は代理人になれません。

 

弁護士に変えるか本人が法廷に立たなければいけなくなります。

 

また、司法書士は自己破産や個人再生の申立はできませんし過払金の回収もできません。

 

弁護士に無料相談してみる

弁護士法人東京ロータス法律事務所


弁護士法人東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)は、1万件以上の豊富な実績処理件数があり、相談費用は無料で何度でも相談することができます。

 

また、土日や全国どこからの依頼でも対応していて、全国各地で定期的に無料相談会も開催。

 

 

弁護士法人イストワール法律事務所(債務さいむ.com)

イストワール法律事務所のトップ画像

弁護士法人イストワール法律事務所(債務さいむ.com)は、2万件以上の実績処理件数と10億円以上の過払金返還実績があります。

 

全国どこからの依頼でも対応可能で、メール相談は無料で24時間受付しています。

 

 

パチンコやスロット依存症を趣味で解決するにはこちらを参考にして下さい。

 

こちらの記事も参考になるので是非ご覧ください