Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【パチンコをやめたい】ワーキングホリデーがおすすめな3つの理由とは?1000万以上負けたサイト管理人の依存症脱出法!

5月 6, 2019

スポンサーリンク

パチンコをやめるためにワーキングホリデーがおすすめです。

 

実はパチンコやスロットをやめる方法で1番効果的であろう方法はワーキングホリデーなんです。

 

この記事では、過去にパチンコでトータル1000万以上負けて、現在は3年間パチンコをやめれているサイト管理人が「ワーキングホリデーがパチンコをやめるためにおすすめな3つの理由」について、解説していきます。

 

ワーキングホリデーがパチンコをやめるのにおすすめな3つの理由

ワーキングホリデーがパチンコをやめるのにおすすめな理由をまとめました。

 

1、外国にはパチンコ屋がないので物理的にできない

あたりまえですが、パチンコやスロットがない場所でどんなに重度のパチンコ依存症だとしてもやることはできません。

実は1番重要なことで、日本にはどんなに田舎だろうが都会だろうがパチンコ屋がたくさんあります。

 

それを元から絶ってしまうことが重要です。

 

2、言葉が通じない環境でそれどころではない

あなたは、言葉が通じない環境で生活したことがないと思いますが、その大変さはパチンコに行きたいという気持ちを全く思い出させないレベルです。

 

語学学校に通い、生きていくためには働かなければいけません。

 

お金もあり、言葉をしゃべれたとしても外国での生活は、180度以上環境を変えてしまうのでパチンコやスロットどころではありません。

 

3、1年〜2年滞在できるので完全にやめれる

ワーキングホリデーの最長期間はほとんどの国で1年間です。(オーストラリアやイギリスは2年間できます)

 

その期間パチンコやスロットをやめて異国の文化や人々に出会い学んで働いたら、果たして帰国後にまたパチンコやスロット依存症に苦しむでしょうか?

 

絶対と言っていいほど苦しまないですね。

 

ワーキングホリデーとは

そもそもワーキングホリデーとはどういったことなんでしょうか?

 

ワーキングホリデーとは、日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国にしか渡航できません

 

ですので、意外なんですがアメリカにはいけません。

 

ワーキングホリデー協定を日本と結んでない国にはいけないんです。

 

ワーキングホリデーの年齢制限

ワーキングホリデーは、ビザ申請の年齢制限はすべての国が18~30歳までと定められています。

 

ワーキングホリデービザを取得するためには、31歳の誕生日がくる前までにビザ申請をしなければなりません。

 

これは22ヶ国すべて一緒です。

 

ワーキングホリデー22ヶ国のいける国

オーストラリア ・ニュージーランド・カナダ・アルゼンチン・フランス・ドイツ・イギリス・アイルランド・デンマーク・韓国・台湾・香港・ポーランド・ポルトガル・ノルウェー・スロバキア、オーストリア・ハンガリー・スペイン・チェコ・チリ・アイスランド

 

ワーキングホリデーできること

2国間の若者同士が国際交流を通じて、お互いの親交や理解を深め合い学ぶ制度」がワーキングホリデーです。

 

外国で生活するには働いてお金を得ないと生きていけなく、働いて生活するには言葉が話せないと大変なので働いて語学学校に通ってもいいですよという制度です。

 

実は、してはいけないことや、してもいいことの制限は何もなく、1年間遊んでいても住むところや職を転々としても問題ないんです。

 

管理人
管理人
パチンコ依存を症脱出するためにはワーキングホリデーでもしっかり働きましょう。

ワーキングホリデーに行こう

ワーキングホリデーに行くといっても何をしたらいいか全然わかりませんよね。

 

まずは、ワーキングホリデーや海外留学のプランを提案してくれる代理店に丸投げしてしまうというのも一つの手です。

 

代理店を使えば、書類に不備がないかや、どのように手続きをすればいいかなどを確認できるので、安心して申請することができます。

 

仕事の探しのアドバイスや紹介など、他にもいろいろな相談にも乗ってくれます。

 

また、ワーキングホリデーにおいて一番需要なのが、万が一の病気やケガに備えて保険に加入すること。

 

いくら健康に自信があっても、慣れない環境では体の不調も起きやすいものです。

 

保険が適用されない場合の医療費はとても高いので保険には必ず加入しておくことをおすすめします。

 

Global Dive(グローバルダイブ)

グローバルダイブのトップ画像
Global Dive(グローバルダイブ)は、広告費を限りなくゼロにして、留学やワーキングホリデーの手配料も取りません。

 

語学学校からの紹介料のみで運営することにより、大手エージェントの2/3の価格でワーキングホリデーや海外留学することが可能です。

 

それにより安くワーキングホリデーや海外留学のプランを提案できます。

 

初めての語学留学から、2カ国留学、ワーキングホリデー、バックパッカーの旅まで、幅広くサポート 。

 

フィリピンやオーストラリアをはじめ、アメリカ、イギリス、カナダ、ニュージーランドなど計19カ国の紹介が可能です。

 

一人一人の要望に寄り添うことにより、圧倒的なサポート力で出発前の不安を一掃します。

 

カウンセリングはもちろん無料で、東京・大阪・名古屋・仙台・札幌・福岡・沖縄に支店があり、 スカイプやLine、電話で全国どこからでもサポートします。

 

ワーキングホリデーに行きたいがどうしていいかわからない場合は、まずは無料相談メールを送ってください。

 

 

アイエス留学ネットワーク

アイエス留学ネットワークのトップ画像

ワーキングホリデーでオーストラリアにいくならおすすめです。

 

アイエス留学ネットワークは、オーストラリア留学情報センターとしてオーストラリアから現地情報を発信しています。

 

ワーキングホリデーの相談やビザ申請、学校手続きなど出発までの流れや準備の時期についての案内や、オンライン申請入力見本を使ってオーストラリアでのワーキングホリデービザの申請方法を紹介しています。

 

ワーキングホリデーで実際オーストラリアに滞在した人の体験談を聞いて、オーストラリア語学留学計画の参考にもできます。

 

手続き、カウンセリングはすべて無料

 

 

AIG損保の海外旅行・留学保険/ワーホリ保険

AIG損保のトップ画像
AIG損保の海外旅行・留学保険/ワーホリ保険は海外で万一事故にあったり、病気で入院することになっても幅広くカバーでき、手荷物の盗難や航空機にまつわるトラブルなどの補償もおこないます。

 

アシスタンスセンターでは24時間年中無休の日本語受付サービスでいろいろなアクシデントの解決をします。海外で生活するにあたって保険は必要不可欠です。

 

 

しかし、ワーキングホリデーは年齢制限があり定職や、家族がいる場合は無理ですし実行するにはハードルが高いです。

 

他の趣味に関してはこちらで詳しく紹介しているのでご覧ください。

こちらの記事も参考になるので是非ご覧ください